ソープランド Soople 全国のソープランド店舗やソープランドの総合情報サイト、ソープランド嬢のブログ、ソープランド求人情報サイトなどの検索エンジン

ソープランドに掛かる法律関係の位置づけ

風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(風適法)に定める店舗型性風俗特殊営業である。
風適法第2条第1項の6の一では「浴場業(公衆浴場法 (昭和二十三年法律第百三十九号)第一条第一項 に規定する公衆浴場を業として経営することをいう。)の施設として個室を設け、当該個室において異性の客に接触する役務を提供する営業」と定義されており、公衆浴場としての条件も満たす必要がある。
その為保健所の検査も行われる。風俗営業のため18歳未満は立ち入り禁止である(風適法第18条)。

かつては「個室付き特殊浴場」といった。
特殊とは特別なサービスを行うという意味ではなく、かつての公衆浴場法において銭湯など=普通浴場に対して「サウナ=特殊浴場」と規定されていた。
「トルコ風呂」は個室サウナという位置づけで、個室には必ずサウナ施設が付けられていた。
現在は公衆浴場法が改正され、特殊浴場という規定はなくなっている。

Soople トピックス