ソープランド Soople 全国のソープランド店舗やソープランドの総合情報サイト、ソープランド嬢のブログ、ソープランド求人情報サイトなどの検索エンジン

ソープランドで働く「ソープ嬢」について

ソープランドで接客を行う女性を、ソープ嬢、あるいはコンパニオン、泡姫と呼びます。
特に募集広告では、例外なくコンパニオンと表記されます。
ソープ嬢は 20 歳以上に限るとしている地域がほとんどですが(北海道など一部で 18 歳以上)、法律上の明文規定は見当たらず、運用上の規定のようです(児童福祉法の規定により、ファッションヘルスなども含め、風俗店には 18 歳未満の児童を雇用することはできません)。
経験の少ない新人ソープ嬢は、店長あるいはベテランソープ嬢などに講習を受け、マットサービスの技術などを教わります。
なお、ソープ店で「新人」と称している場合は、必ずしもソープで働くのが初めての人、という意味ではなく、他店でベテランであっても、店を替わった際には新人扱いとなります。
また指名の多さ=リピーターの多さは、ソープ嬢の実力を示すことになり、店での待遇もよくなるようです。
また、接客の傾向は、その地域によってもばらつきがあり、素人らしさが売りになる地域と、技術的なことが売りになる地域とがあります。

ソープ嬢が働く理由は、高収入を得るためであり、中には、借金を抱えている者や母子家庭で生活が苦しい者、事業資金を短期間に得たいと考えている者なども様々です。
かつては、ソープに勤めるには重大な決意が必要で、その代わり、いったん仕事に就いてからは、男性を喜ばせるプロとして強い意識を持つ女性も見られましたが、近年では、アルバイト感覚に近い女性も増えているといいます。
肉体的・精神的に負担の多い仕事であるため、短期間でやめる女性も多いのですが、一度仕事に慣れると、他の収入の低い仕事が馬鹿らしく感じられ、やめても再びソープ嬢に戻り、ソープランドから中々抜けられなくなるケースも見受けられます。
また、高収入が得られても、仕事のストレスからホストクラブなどで浪費してしまうソープ嬢も多いと言われています。

勤務形態は、二日連続で出勤して一日休むという「二勤一休」の形態が多いです。
なお、休みは「公休日」と呼ばれています。

ソープ嬢は、「個人事業主」扱いであり、一般に店内でのリネン、ローション、ドリンク類は本人負担です。

Soople トピックス